御地での宣教の働きをお祈りします

 

北海教区における教会・伝道所・各センターのお働きの上に、

主の豊かな導きと祝福をお祈りいたします。

アイヌ民族の権利回復のためにもお祈りとお働きをお願いいたします。

 

 

yam-wakka-nai  稚内

「冷たい・水(飲み水)の・川」の前略。この付近は水のよくなかった処で、そこによい水の川があったので付けられたとされる。後に今の稚内駅の辺に中心が移ったので、もともとの処の方にフ(古い)を付けて呼ばれるようになった。

 

nai-or-putu 名寄

「川・の処(名寄川)の・口」の意。

松浦武四郎の天塩日誌によると、名寄川はナイ、あるいはナヨロで呼ばれていたらしい。大きい川だた、それをただナイ(川)とよんでいた。

 

o-u-kot-pe 興部

「川尻が・互いに・くっつく(くっついている)もの()の意。興部川と藻興部川の川尻が合流してから海に注いだこともあってこの名がついたのだろう。藻興部はモ・オウコッペ=小さい(方の)・川尻にくっつく川の意。若干、藻興部川は小さい。

 

pipa-ush-i 美馬牛

「からす貝・多くいる・もの()」の意。他に美葉牛(北竜町北隅の川名)、美蔓(帯広、元来はビバウシ)、など多数ある。

 

shi-pet 士別

「本流」の意。名寄市外で名寄川を分かってから上はシペッと呼ばれた。

ふつうは合流点付近を支流の名で呼ぶが、ここは例外。シ(shi)は「ほんとうの」、「大きい」という意味。

 

chiu-pet  旭川

「波だつ川」の意から後に民間語源解によってchup-pet(日・川)となり意訳して旭川の名が生まれ、またchup(日)shupka()が混合して東川という地名も生まれた(知里説)。 

忠別太は鮭場所であったので、chuk-chep(秋の・魚→鮭)語源?

 

wat-sam =at-sam 和寒

「楡樹の傍」と永田地名解にある。永田はatアッ・ニ(おひょうにれの木)と解したのだろう。

 

rur-mo-ot-pe 留萌

ルル(汐)モ(静)ヲッ(ある)ペ(水)自然と奥深く汐が入るゆえ。[松浦]

ルル(潮)モ(静)ペ(川)潮が入り、流れが遅い所から。[永田]

ルル(水)モ(静)ヲッ(いつもある)ペ(もの) [山田]など諸説あり。

 

o-ketu-un-nai 置戸

南の山から流れている緑川をオケトウンナイ(川尻に・獣皮を乾かすその張り枠・がある・川)と言い、それが略されて置戸のとなったものであろう。

 

ar-utor 春採

松浦東蝦夷日誌は「ハルトル。ハルは黒百合やエンゴサクなどの喰草、ウトルは沼」と書いた。永田地名解は「ハルトゥル。向ふ地」と書いた。ar-utor向こう側の・側面、→岬山の向こうの土地、の意味であろう。

 

nup-hon-kesh 北見

1942年以前の北見の名は野付牛。

ヌプ・ホン・ケシ(野の・腹の末端)、沼の原、野の原の意味。

 

kush-ru 釧路

(kush-ru通る・道),チクシル(chi-kush-ru我ら・通る・道)、クスリ(kusuri温泉)、クッチャロ(kutcharのど口→沼水の流れ出す口)の諸説のほか、クシ・ペッ(通り抜ける・川)、クシ・シル(川向こうの山)などの説がある。アイヌ民族の知里博士は、クスリとは読んだものの意味は不明と言っておられる。

 

Shittok 新得

シットク(shittok)は元来は「肘」の意。川曲がりや山の突出部をいう。新得山の突出部のことであろうか。

 

o-perke-p 帯広

帯広川のアイヌ名オペレペレケプ(陰部・いくつにも裂けている・者)、即ち河口がいく条にも分かれている川の上部の音と、十勝平野の広大さに因んで[]をつけたと「北海道駅名の起源昭和29年版」にあり。

 

shi-pet 中標津

明治21年標津村から分村して中標津となる。標津はシペッ(大・川)の意。松浦武四郎はこの辺りが鮭場所であったことから、シベオツ(shipe-ot 鮭・多くいる)と解釈したが、前者の方が正しいだろう。

 

nup-or-o-pet 野幌

ヌプ・オル・オ・ペツ=野中の川。旧図では、ノホロ、ノポロ、ノフロのように書かれており、nup-or(野の・中、処)のように呼ばれていたらしい。

 

 

as-pet 芦別

アシペツ=灌木の・川as-pet空知川筋の大支流に芦別川がある。この芦別川は灌木の中を流れているという。ハシュ・ペツとの説も有るようだが、シュはアイヌ語の音ではないとのことである。

 

poro-moy 岩見沢

幌向 ポロモイ=大きい・川が曲がっていて、水がゆったり流れるところ。岩見沢という地名にはアイヌ語の由来が見られない。近隣の幌向について調べると、上記の様に記されている。石狩川がここで大きく屈曲していたのでこう呼ばれたのだろう。

 

so-rapchi 滝川

ソラプチ(ペツ)=滝が・ごちゃごちゃ落ちている・(川)so-rapci(-pet)ソラプチ・プトウ (空知川・の川口)であって、和人はそれを空知太と読んでいたが、その空知が意訳されて「滝川」と改名された。

 

pipa-o-i 美唄

「カラス貝・多い・処」。ピパ(沼貝・カラス貝・川真珠貝)は昔は食用とし、殻の厚い物は穂を摘むのに使った。この、pipa--は母音が二つ続くと一つ落として呼ぶことが多いのでピパイになるという。

 

e-peke 江別

「顔・裂けている」。江別の地名の由来には幾つかの説があり、このエペッケはウサギの別称としても使われた。現在の江別市街地はエベツ・プトウ(江別川の・川口)の意であった。

 

para-to  札幌北部

ばらと。発寒川下流部(札幌北部)は、湿原が多く、昔は川筋の至るところが沼だったことから、「パラ・ト(広い・沼)」という名がつけられた。

 

okkay-otam-carpa 丘珠

永田地名解によると「オッカイ・タム・チャラパ(男の・刀を・落としたる処)」の意。アイヌ語の地名の中で、他かに例のない珍しい名前。

 

tui-pira 豊平

豊平「トゥィ・ピラ(崩れる・崖)」の意。今は市街地となっている場所も、かつては2つの崖があり、大水の時にはそれが崩れたようである。

 

hacham 新発寒

発寒:「ハッチャム(桜烏)」の意か。かつて、桜烏が多くいたことからつけられたのか。「ハッシャム(葡萄の傍)」、「ハシ・シャム(灌木の傍)」もある。

nai-po 苗穂

伏篭川の東支流ナイポがこの名の起こり。「ナイ・ポ」は「川っこ」で、「小さい川」の意であるが、かつてはシャケが多く上り、最も賑やかなコタンがあったという。

 

chi-kisa-p 月寒

 この名には、二つの説があり、「チ・キサ・プ(我ら・こする・もの)」という由来と、「トゥ・ケシィ。サプ(丘の下の下り坂)」の意がある。「チ・キサ・プ」は「発火器」を指す。チキサニはアイヌ神話の中で、創造者が最初に大地に生え出でさせた木で、この木によって、人間に「火の神」が起こされたとされている。

 

ut-nai 北広島

輪厚。かつては「うっつ」と呼ばれていた。「ウッ・ナイ(肋・川)」の意。沼や他の川が肋骨のような形で繋がっている姿をこうよんだようである。「ウッ」という呼び名が、「ワッ」という呼び名に変形していったらしい。

 

atporo 麻生

帝国製麻株式会社琴似製線工場の跡地であり、1959年からつけられた町名ゆえ、麻生のアイヌ語はない。

ちなみに「札幌」は、昔はsatporo(さとほろ)とも呼ばれた。サッ・ポロ・ベツ(乾いた大きい川)の意。豊平川が峡谷を出て札幌扇状地(今の市街地)で急に乱流し、乾期には乾いた砂利河原ができる姿からつけられたよう。

 

teine-nitat 手稲

「テイネ・ニタッ(濡れている・低湿荒野)」の意。発寒川の水散によって、地が潤されたことに由来したよう。

 

kot-ne-i 琴似

永田地名解は「kotune-i 低処」。永田は琴似の酋長又一郎と近しかったらしい。これが当時の音であろう。だが、訳のほうから考えるとkot-ne-i(凹地・になっている・もの)の意らしい。コトニ緒川がいずれも泉池から出ていて、そこには低い凹地であったところから付けられたか。

 

mak-oma-nai 真駒内

札幌市南区の川名、地名。永田地名解は「マ・オマ・ナイ。後背を流れる川」と書いた。「山側に・ある・川」、「山奥に・入っている・川」の説あり。 

 

hash-ush-pet 厚別

厚別川は(hash-ush-pet 柴木・群生する・川)、あるいは略してハ・ペッ(hash-pet 雑樹・川)と呼ばれた。このhを落とした形で呼ぶ場合が多かった。それが東北弁のなまりでアツベツとなり、漢字が当てられたと推測する。

 

tem-mun-ya 手宮

「管藻の・岸」の意。海藻が多く、それが岸に打ち上げられていたのでこの名で呼ばれたという。

 

iwa-nai 岩内

上原熊次郎地考は「イワウナイ硫黄の沢と訳す」と書き、松浦武四郎西蝦夷日誌も「イワヲナイにて硫黄沢なり」とした。永田地名解は「イヤウ・ナイ熊を乾す・沢。一説にイェ・オ・ナイ軽石・多き・川」とある。さらに北海道駅名の起源はさらに「イワ・ナイ山・川」の意味とも解されるとしている。

 

kut-san 倶知安

永田地名解は「クトゥサニ泥土の濁川なりといふ」と書いた。

アイヌ民族の知里博士は一案として、川が円筒kutのような地形の処を流れ出していてkut-sanイとしたのではないかと書くが、その地形には見えない。松浦武四郎丁巳日誌は「クツシヤニ魚を取る具=篭で筒形に作りそこに魚がshan(san流れ下る)するものだったか。

 

ota-ru-nai 小樽

上原熊次郎地考は「ヲタルナイota-ru-nai-溶ける-川 砂の解ける小川」。松浦武四郎西蝦夷日誌は「ヲタルーナイ(砂路沢) ota-ru-nai--川」。永田地名解は「オタ・ナイ。砂・川」と書き、諸説がある。

 

yu-ochi 余市

上原熊次郎地考は「ユウイチの略語で則温泉の有る処と訳す」と書き、松浦武四郎西蝦夷日誌も同説ユ・オチ(yu-ochi←yu-ot-i温泉・いっぱいある・処)の意。永田地名解は「イオチ。蛇多く居る処(i-ochi←i-ot-iそれ・多くいる・処)、恐ろしいものや貴重なものを直接呼ばず「それ」と言った。この二説がある。

 

mo-ruerani 室蘭

諸説があるが、モ・ルラン(mo-ruran小さい・坂)から来たものであろう。正確に言えばモ・ルエラニ(mo-ruerani小さい・坂)。崎守町に入る坂の名から出た名らしい。

 

mak-oma-nai 苫小牧

永田地名解は「トー・マコマ・ナイ(沼の・後にある・川)。マコマ・ナイ(後の・川)。村の背後にある川」と書き、元はマコマナイだったと言う。

松浦氏東蝦夷日誌では「トウマコマイ。上に沼有」とある。

 

to 洞爺湖

ここは、他の湖沼と同じく、ただトー()と呼ばれていたようだ。キムン・トー(山奥の・湖)とも呼ばれていたが、何かと区別の場合の称だろう。トー・ヤは「湖の・岸」の意。普通名詞みたいなもので、湖岸ならばどこでもトー・ヤといえる。

 

shuma-oma-p 島松

シュマオマプ(shuma-oma-p)で、「石が・ある・もの()」の意。母音が二つ続くので、そのひとつをおとしてシュママプと呼ばれていたのであろう。松浦西蝦夷日誌は「シュマヲマフにて岩有儀」と書いてある。

 

pon-nay  浦河

松浦東蝦夷日誌では「ホンナイブト。小沢口の儀。ホンナイノツ小岬。」と書いた。ポン(小さい)・ナイ()

tuk-mintar 元浦河

元の浦川。ここにあった会所がポンアイプトに移って浦河となった。昔の名で言えばトゥ・ミンダラ(できた・庭。新しくできた土地)や、キナ・チャ・ウシ(草を・刈る・処)ち呼ばれた場所であったようだ。

 

pon-enrum 幌泉

松浦東蝦夷日誌ではポロ・エンルム(大きい・岬)と記したが、それ以前の上原熊次郎地名考は「ポロイヅミ。ポネンルムの略語にして小さき砂崎ということ」とポン・エンルム(小さい・岬)として解釈した。erum=に音が近いので鼠伝説が多い。

 

shi-kot 千歳

以前はシコツ(shi-kot大・沢)言ったが、死骨に通じるので千歳と改名。この辺には鶴が来ていたからといわれる。

 

e-sa-ush-i 江差

アイヌ民族出身の知里博士は「エ・サ・ウシ・イe-sa-ush-i頭を・浜に・つけている・者、つまり岬」と分析して説明した。

上原熊五郎も「出崎」と記していた。

 

nu-an-nai  七飯

上原熊次郎地名解は「七重(ナナイ) ナアナイ多く渓間有と云う。ナアとは幾等もと申事。此辺渓沢の多く在故地名になすと云う」と書く。

永田地名解では「ヌ・アン・ナイ富沢・急言してナンナイと云う。和人ナナイは訛なり」と書いた。

 

ushor-kesh 函館

明治2年以前は函館山の北斜面で入り江に面した土地の名で箱館(室町時代に河野加賀守がそこに築いた館が箱のようだった)と付けられた。元はウショロ・ケシ(ushor-kesh入り江・の末端)の意。一説としてハク・チャシ浅い・砦もある

 

horka-nai  渡島福島

福島は古くは折加内と書かれていた。永田地名解は「ホロカナイ却流川。汐入りて河川却流す。故に名く」と書いた。川が曲がっていて遡ると下の方向になる感じのところがあって、ホカ・ナイ(後戻りする・川)と呼ばれたものか

 

tush-pet 利別

松浦西蝦夷日誌ではツウシベツtu-ush-pet山崎が・ある・川の意として、同氏東蝦夷日誌ではtush-pet縄・川として書かれていた。

永田地名解では「トゥシ・ペッtush-pet蛇・川と解した。利別川は曲屈、蛇行していた川で以前はもっとひどかったとされる。その姿からこの名がでたか、蛇がいたからか。

 

yu-rap 八雲

昔ユー・ラと呼ばれたところであるが、ここに農場を作った徳川慶勝候が、古歌「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに」に因み、1881年に八雲と命名。

ユー・ラyu-rap 温泉が・下る)が原名

※参照山田秀三「北海道の地名」

 萱野茂著「アイヌ語辞典」

 

 


日本基督教団北海教区

アイヌ民族情報センター

Ainu Peoples Resource Centre

 

 

アイヌ民族情報センターとは

 

北海道と呼ばれているアイヌ・モシリ(人間の大地)は、アイヌ民族が自然と共に生きてきた土地です。しかし、日本近代天皇制国家による侵略によってアイヌ民族は土地も森も川も、自由に狩猟することも、さらに文化や言葉も奪われ、多くのいのちも奪われながら苦難と抵抗の道を強制されてきました。そのアイヌ・モシリに宣教活動を行なったキリスト教会はアイヌ民族に無関心であったり、アイヌ民族としてのアイデンティティを尊重せず明治政府の同化政策に協力したものとなりました。

わたしたち日本基督教団北海教区は、過去の歴史を反省し、アイヌ民族の権利回復の働きを共にする目的でアイヌ民族委員会を設け、ささやかながら連帯の取り組みを進めてきました。さらに、この課題に日常的に取り組むために1996年にアイヌ民族情報センターを開設しました。

 

情報センターの活動

 

1.先住権回復運動に連帯する

 

2.世界の先住民族との交流に協力

 

3.学習・研修・交流活動に取り組む

 

その他の協力

アイヌ奨学金キリスト教協力会

 

情報センターの運営

センター活動は、みなさんの献金によって支えられています。皆さまのご協力お願いいたします。

また、わたしたちは多くの人にアイヌ民族の声を伝えるべく年に3回、機関誌「ノヤ」を発行しています。ぜひ、ご購読下さい!

郵便振替口座 02720-7-29366

口座名 アイヌ民族情報センター

 

日本基督教団 北海教区 アイヌ民族情報センター

077-0032 留萌市宮園町3-39-8留萌宮園伝道所内

電話・FAX兼 0164-43-0128

主事:三浦忠雄

センターURL http://www.douhoku.org/ainu/